見え方シミュレーション|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

見え方シュミレーション

白内障手術を行うことによって、これまで自分の水晶体を通して見ていた視界は変化します。手術前の眼の状態と、手術後にどのような眼内レンズを使うのかによってもその視界はさまざまです。
ここではどのような見え方になるのかをシミュレーションできるイメージ画像をいくつか用意しました。右のリストから選んでクリックし下のリストから選んでタップし、参考にしてください。

術前
正常
老眼
白内障
術後:単焦点
乱視が少ない
術後:多焦点
乱視が少ない
単焦点レンズ術後の見え方

ピントを合わせた距離ははっきり見えます。イメージ画像では遠方にピントを合わせたレンズの場合です。手元を見るには老眼鏡が必要です。いつも老眼鏡を持ち歩く必要があり、老眼鏡を持っていないときには文字を読むことが出来ず、たいへん不便です。カーナビなどの中間距離にも焦点が合っていないので、カーナビの文字を読むことはできません。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ