患者さんの声|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

患者さんの声

ここではさいたま市の大宮七里眼科で実際に多焦点眼内レンズや
レーザー白内障手術を受けた患者さんの声を掲載しています。

45才/男性

左眼が曇って見える状態が取れず、だいぶ見えにくいなあという事を感じていました。しかし40才代前半の私にとって、白内障という病名にはまだ縁がないものと思っていましたので、白内障手術が必要な状態になっている事は大きな驚きでした。
手術については、これまで入院や手術の経験が全くなかった事もあり不安だったのですが、大宮七里眼科では山崎健一朗院長先生に細かく丁寧な説明をしていただき、手術やその後の生活の見通しが持てて、自分なりに納得する事ができました。 今回は右眼だけの手術でしたが、多焦点眼内レンズを選択しました。私は、長年近視で眼鏡を掛ける生活を送ってきました。また、最近少しずつ老眼も進んできました。多焦点眼内レンズを使用することを選んだのは、近視や老眼が改善される事は大きな魅力だったからです。また、先生が東日本大震災の被災地に眼鏡を送るボランティア活動をしている事を伺い、眼鏡がなくても生活できる必要性を実感した事も大きな理由の一つとなりました。さらに、現役の私にとっては、これからもこの目とつき合って行く長い時間を考えた時、今できるもっともよいものを選択したいという思いもありました。
実際の手術はかなり緊張していたのですが、点眼薬の麻酔だけで痛みもなく、短い時間で終了し、そのまま帰宅する事ができました。仕事があまり忙しくない時期に、ほんの短い期間の休みをもらうだけですみましたので助かりました。
私の場合、左眼は手術をしていない近視のままですので両眼を多焦点眼内レンズにした場合とは感じ方が違うかもしれません。しかし手術をしていない左目と、多焦点眼内レンズで手術をした右目の差に違和感はなく、両眼で見てもバランスがとれ、生活上何も不自由はありません。普段は眼鏡やコンタクトをせずに過ごしています。また、手術前の院長先生からの説明にて光を見るとハローやグレアが出る事がありますと言われていましたが、実際に特に気になる程ではなく、これも問題ありません。運転免許の眼鏡使用の条件も解除できました。
いずれ左眼の手術も必要になるかもしれません。その時も多焦点眼内レンズを選択したいと思っています。

65才/男性

大宮七里眼科 院長 山崎健一朗先生へ
私の目が白内障と言われ、白内障手術を受けることになり、近視が強いので多焦点眼内レンズを入れてもらい、眼鏡をかける事無く楽になり感謝しています。
ありがとうございます。

66才/女性

60才を過ぎ、そろそろ目の病気に気をつけなければと思っていましたころ、近くに大宮七里眼科が開院しました。大宮七里眼科で診察していただいた結果白内障と診断され、多焦点眼内レンズの話を紹介されました。私は強度の近視で中学の時からのメガネ生活で、最近は遠近両用メガネを使用していました。遠くも近くも見えにくくなってきたと思っていた時だったので、多焦点眼内レンズには興味を持って話を聞きました。
家族と相談して夫の勧めもあり、大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる白内障手術を受ける事に決めました。
手術の後、眼帯を取った時に見えた鮮明な景色は今でも脳裏に残っています。目のいい人はこんな風に見えるんだという驚きもありました。
メガネなしの生活は50年ぶりくらいでした。手術の前はメガネなしにはほとんど見えなかったので、朝起きたときにすぐに枕元のメガネを探すことが習慣になっていました。多焦点眼内レンズによる手術をうけた直後のころは朝起きた時に間違えて枕元のメガネを探したりしていましたが、今はメガネなしの生活があたりまえになりました。新聞を読んだり手芸を楽しんだり、車の運転をしたり、何の心配もありません。大宮七里眼科は手術後のケアもきめ細かいので安心して生活しています。
最後に多焦点眼内レンズを紹介して手術をして下さった山崎健一朗先生に感謝をしています。

61才/男性

大宮七里眼科を受診し、白内障と指摘されました。不自由はしていませんでしたが、仕事で車の運転やパソコンを使用する事もあり、不安もあり… 山崎健一朗院長先生から多焦点眼内レンズの良さの説明を受け、麻酔は注射でなく点眼麻酔で行い手術後は20分~30分で帰宅できますとの説明を受け安心出来ました。
術後もうすぐ三年近くなりますが今では眼鏡が一切必要ないので本当に便利で楽々な毎日を過ごしています。
目の疲れもなく多焦点眼内レンズにしてよかったと思っています。
先生、スタッフのみなさん、感謝しています。

63才/男性

白内障手術を受けて
私は、2011年に両眼を白内障と診断され手術に至りました。
当時を振り返ると左眼の視力が弱く、仕事でPCや車の運転と目を酷使してきました。
そして日に日に周りが白く濁った様な見え方をするようになり、これでは仕事が出来ないと思い大宮七里眼科様を受診しました。
通院により数回の検査等を行い、両眼とも白内障と診断され手術を受けることになりました。手術には水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入すること、眼内レンズは単焦点レンズまたは多焦点レンズがあり、大宮七里眼科ではどちらにするか選択できることの説明をうけました。40年以上メガネを着用し、2度と裸眼で見る事はないと完全にあきらめていました。多焦点眼内レンズの良さを山崎健一朗先生から説明されました。多焦点眼内レンズでは単焦点眼内レンズよりも若い時の見え方に近くなること、そしてなんといってもメガネなしで歩いてみたい、テレビを見たい、180度のパノラマ景色を満喫したい等々沢山の夢が現実となる可能性があることを聞きました。大げさかもしれませんが若返られるのです。そこで私は迷わず多焦点眼内レンズを選択しました。
手術は15分程度で終わり疲労は感じませんでした。そしていよいよ眼帯を外され裸眼で周りを見渡しましたところはっきりと見え、手術前とは全然違う事を感じ、いたく感動しました。
後でわかった事ですが手術は短時間でも非常に高度の技術を必要とする事、ましてや院長先生は1日に何人もの患者さんを手術され心労は大変な事と思います。おかげさまで仕事にも励みができレジャーも大いに楽しんでおります。
メガネから解放され、多焦点眼内レンズにして本当に良かったと改めて思う今日この頃です。今後も大宮七里眼科様のご指導いただき、目を大事にしていきたいと思います。

42才/男性

平成23年4月、桜の咲く頃左眼がかすんできました。「仕事の疲れかな…」当初はそう思い、あまり気にも留めなかったのですが、夏が来るころに左眼の視力はどんどん落ち、まるで雲の中にいるようになってしまいました。白内障かもしれない…しかし自分はまだ42歳。老人性白内障のはずがない。そう自分に言い聞かせたものの不安がどんどん募っていきます。インターネットで調べていると白内障は最近では若い人でもなってしまう例が多く、老人性という用語を削除してしまうべきだという議論が展開されているようです。間違いない…白内障かも…。そこで知ったのが白内障手術をたくさん行っている大宮七里眼科でした。「とにかくいってみよう」そう思い、さっそく妻に連れられ受診しました。待合室に入ると診察室はオープンで快適な雰囲気です。「あれ?この風景、どこかでみたような…」そんな事を考えていると自分の順番がきて山崎健一朗院長先生の診察を受けました。
「完全に白内障です」と診断されました。ストレートに言ってくれたおかげで病気を受け入れる事ができました。
「あのう、僕はまだ42歳ですけど何かの間違いじゃないでしょうか」
「早めに白内障手術をした方がいいと思います。院長のわたくしが執刀し、100%、いや120%の力をだして必ず治します。」
「やっぱりそうでしたか…ぜひ手術をお願いします。レンズは多焦点眼内レンズを希望します。実はネットで調べて、ここに来ました」
「ぼくは多焦点眼内レンズの手術に自信があります。全面的に信頼して下さい。」
余程腕に覚えがないとこのようなことは言えないはずです。大宮七里眼科の山崎健一朗院長はどの患者にも同じ様に対等に接します。そうだ、思い出しました。大宮七里眼科の診察室の雰囲気は、以前読んだことのある小林よしのり氏の描いた「目の玉日記」に描かれていた待合室に似ているのでした。その時の山﨑先生は小田原の佐伯眼科クリニックでインターンをしており、「目の玉日記」という作品にその時の様子が描かれています。大宮七里眼科のオープンな雰囲気は、その佐伯眼科の待合室と同じだったのです。(大宮七里眼科の待合室にもおいてあります。ぜひ「目の玉日記」の一読をお勧めします)

平成23年12月の手術当日。詳細な説明を受け、手術室に入りました。
「手術はすぐ終わりますよ」
胸がどんどん高鳴ります。
「はい、終わりましたよ。僕が見えますか?大成功ですよ!」手術がいままさに終わったばかりの目だけで、なんと山崎健一朗先生が手を振っているのが見えました。
(もう終わり?)あっという間に手術は終わりました。

眼は大事な感覚器官です。眼帯を外し、あまりにも鮮明に見える事に感動したことを思い出します。空ってこんなに青かったんですね。

それにしても大宮七里眼科の看護師さん、検査のスタッフの方たちはいつもてきぱきとしています。動きに無駄がなく心地よい緊張感が漂っています。

最初は先生のストレートな言動は患者に安心感をあたえてくれます。大宮七里眼科の山崎先生に出会えたことを心より感謝します。本当にありがとうございました。これからも全面的に信頼させていただきます。これからもよろしくおねがいいたします。

多焦点眼内レンズのQ&A