よくあるご質問|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。

よくあるご質問

多焦点眼内レンズはどの眼科でも扱っていますか?
白内障手術を行っている眼科でも、ほとんどの施設が単焦点眼内レンズしか扱っていません。多焦点眼内レンズを扱っている眼科はごく限られています。総合病院でもほとんど扱っていません。
多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違いはなんですか?
両方とも白内障手術のときに眼内に入れるレンズです。白内障手術ではなんらかの眼内レンズを挿入する必要があります。眼内レンズには単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。単焦点眼内レンズの場合は、遠方か近方のいずれかを見る際に眼鏡が必要になることがほとんどですが、多焦点眼内レンズは、ほとんどの場合眼鏡が不要になります。
多焦点眼内レンズには保険がききますか?
多焦点眼内レンズを使用した白内障手術には保険がきかず、自費診療となります。ただし埼玉県さいたま市の大宮七里眼科などは先進医療施設に認定されているため、手術前後の検査に保険が適用されます。また生命保険会社の先進医療特約に入られている人はそこから保険がおりることがあります。
経験豊富な眼科クリニックでは、どのくらいの患者さんが多焦点眼内レンズの手術を行いましたか?
埼玉県さいたま市の大宮七里眼科の山崎健一朗院長は多焦点眼内レンズを1,000例以上使用しました。
埼玉県内で多焦点眼内レンズを使用している眼科はたいへん少ないので、この眼科での多焦点眼内レンズを希望される患者さんは毎月増え続けています。
多焦点眼内レンズにはいくつかの種類があるとききました。どのような多焦点眼内レンズが使用されますか?
埼玉県さいたま市の大宮七里眼科では日本で認可されているすべての多焦点眼内レンズの使用経験があります。多数の多焦点眼内レンズ使用実績で得た経験にもとづき、各々のレンズの特性を考えて使い分けています。
多焦点眼内レンズは誰にでもできますか?
まず多焦点眼内レンズはあくまで白内障手術で使用するレンズです。したがって白内障のない人には使用できません。白内障手術の適応があれば基本的に多焦点眼内レンズを使用することができますが、中には多焦点眼内レンズが有用でない場合があります。多焦点眼内レンズが有用であるかどうかは、最新の医療機器を使用して精密検査を行った結果で判断します。
自分は30歳です。他の病院で白内障と言われ、だいぶ進行していると言われました。手術で多焦点眼内レンズは使用できますか?
若い方でも多焦点眼内レンズが使用できる場合が多いにあります。もともとつい最近までよく見えていた若い人だからこそ、多焦点眼内レンズのメリットは大きいと思われます。埼玉県さいたま市の眼科では20歳代、30歳代の患者さんに多焦点眼内レンズを使用し、良好な視力を得ています。ぜひご相談ください。
片目はすでに他の病院で単焦点眼内レンズによる白内障手術を受けました。最近になって片目が白内障と言われました。片目だけでも多焦点眼内レンズを受けられますか?
受けられる場合があります。埼玉県さいたま市の大宮七里眼科では他の眼科で片眼に単焦点レンズの白内障手術を受けた患者さんに対し、もう片目に多焦点眼内レンズを使用した症例を多数経験しています。大宮七里眼科の医師にご相談ください。
他の病院で多焦点眼内レンズについて質問したら、多焦点眼内レンズはあまりよく見えないと言われました。本当ですか?

多焦点眼内レンズは手元が老眼鏡なしに見えるようになる優れた眼内レンズです。適応に合った症例に用いれば「あまりよく見えない」ということはありませ ん。多焦点眼内レンズは通常の単焦点眼内レンズよりも付加価値のある眼内レンズという意味で、欧米でプレミアムレンズと呼ばれています。

しかし多焦点眼内レンズをご希望の方でも、状況によって単焦点眼内レンズを使用したほうが確実な視力を得られる場合があります。とくに他の目の病気をお持ち の方は多焦点眼内レンズが有用でない可能性があります。

埼玉県さいたま市の大宮七里眼科では白内障手術前にさまざまな検査を行い、そのような例かどうかの判断を詳細に行って判断します。まずは大宮七里眼科を受診して相談してください。

多焦点眼内レンズにすれば手術後に確実にメガネが不要になりますか?

多焦点眼内レンズを使用すれば絶対にメガネが不要になるとは言えません。もちろん全くメガネを使用する必要がなくなる人が大多数ですが、ときどきメガネ を使用する方もいます。

手術前の検査でメガネが必要になる可能性が高いことが分かった患者さんには多焦点眼内レンズはおすすめしません。

過去にレーシックを受けています。ほかの病院で白内障と言われました。白内障手術で多焦点眼内レンズは使えますか?

多レーシック後の白内障手術は眼内レンズのタイプのいかんに関わらず術後の度数が予想とおおきく変わってしまうことがあります。

最近ではレーシック後のための眼内レンズの計算式を使用したりすることで度数の誤差を最小にできます。多焦点眼内レンズの使用も可能です。まずは病院に受診して相談してください。

多焦点眼内レンズによる白内障手術はできますか?

多焦点眼内レンズによる治療は白内障手術であり、白内障のない方には出来ません。

逆に白内障手術の適応があれば出来る可能性があります。もし白内障がな く、手元をメガネなしで見たい場合には遠近両用のコンタクトレンズなど、多焦点眼内レンズ以外の方法があります。

埼玉県さいたま市の大宮七里眼科では老眼用の遠近両用のコンタクトレンズを扱っています。まずは病院に受診して相談してください。

自分は最近目がまぶしくなっています。周りの人で白内障手術をうけた人が何人かいます。白内障手術をした人に聞くと、手術前の症状にいまの自分の状態が似ています。自分も白内障になっている可能性があるのでしょうか?
厚生科学研究班の報告では白内障の有病率は50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代84~97%、80歳以上で100%とされ、だれでも 年齢を重ねると白内障になってくると言えます。遠くのものや新聞の文字が見にくくなったり光がまぶしく感じてきたら、生活に支障が出る前に眼科を受診しましょう。
多焦点眼内レンズは経済的に難しいのですが、単焦点眼内レンズではよく見えないのでしょうか?
埼玉県さいたま市の大宮七里眼科では保険のきく単焦点眼内レンズを用いた白内障手術を多数行いました。その人たちへの術後のアンケートで98%が「手術を受けてよかった」と答えています。単焦点眼内レンズを用いた手術でも患者さんの満足度は高いのでご安心ください。
多焦点眼内レンズのQ&A