多焦点眼内レンズのQ&A|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。

多焦点眼内レンズのQ&A

日本における多焦点眼内レンズの普及率は、先進主要国であるアメリカ・ヨーロッパと比較すると
まだまだとても低いのが現状です日本では多焦点眼内レンズによる白内障手術は保険外診療となるため、
日本ではまだ白内障手術の際に多焦点眼内レンズを使用できる医療施設はごく限られています。
しかし多焦点眼内レンズによる白内障手術は、その安全性と治療効果によって先進医療の対象となっており、
今後は多くの人がこの医療技術を受けやすいように普及を目指していく傾向にあります。
ただし手術の検査費用に保険が適用されることなどの先進医療のメリットを得るには、
先進医療認定施設において手術を受ける必要があります。
ここでは、その先進医療の認定施設に認定されている大宮七里眼科さまの協力を得て、
多焦点眼内レンズの事例などを扱い、実際の患者さんの声をご紹介します。