最新情報|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。

最新情報

ピックアップ 患者さんの声(64才/女性)

お知らせ

(64才/女性)
平成8年頃(49歳の頃)視力が落ち、近所のとある眼科に行くと白内障と言われました。晴れている日はまぶしく、曇りの日は霞がかかっている様でした。その眼科で「まぶしいですか?」と聞かれ、(白内障とはそういう物か)と思いました。新聞や細かい字を見る時はメガネの上に大きな虫メガネをして見ていました。(子供の頃は1.5以上見えたのに老化するという事は大変だ)と思いました。 平成20年に大宮七里眼科が近くにオープンしましたので、院長の山崎健一朗先生に診察して頂きました。美容の仕事をしているので、近くも見たいし鏡の中のお客様の顔も見たい。車の運転もするので遠くも見たいと思い、この多焦点眼内レンズを選びました」。
平成22年1月に手術をしました。(63歳の時でした。)
次の日に眼を開けると、以前は小さい物や薄い色が見えにくかったのですが、はっきり見えてとてもうれしかったです。鏡を見ると自分の眉が白髪まで良く見え、髪の1本1本が良く見えて、1人でニヤニヤしてしまうほどでした。美容室に勤めているのでお客様の顔が鏡の中で良く見え、パーマやヘアダイをする時は、細かい所まで良く見えて、本当にうれしかったです。
仕事も以前と同じ様にして毎日を送っております。メガネをかけずに何でも良く見えることに、とても満足しております。これからも自分の眼と仲良く付き合っていきたいと思っております。

その他の患者さんの声はこちらに掲載しています。