多焦点眼内レンズの取り扱い施設|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

多焦点眼内レンズの
取り扱い施設

日本ではまだ白内障手術において多焦点眼内レンズを使用できる医療施設はごく限られています。
しかし、欧米に比べて多焦点眼内レンズの普及がだいぶ遅れている日本でも、多焦点眼内レンズによる白内障手術を多数行っている眼科はあります。そのような眼科でも、多焦点眼内レンズだけでなく、単焦点眼内レンズを使用した白内障手術も行っていることが大半です。多焦点眼内レンズの取り扱い施設でも多焦点眼内レンズを使用した白内障手術しか受けられないわけではありません。多焦点眼内レンズの取り扱い施設では、白内障手術を受けるご本人の意志で単焦点眼内レンズか多焦点眼内レンズかを選択することが可能です。多焦点眼内レンズは単焦点眼内レンズに対して付加価値のある眼内レンズであり、よりクオリティーの高い見え方を提供します。

大宮七里眼科

多焦点眼内レンズについて豊富な経験を持つ眼科では、これまで培った多焦点眼内レンズの豊富な経験と事例があり、多焦点眼内レンズを使用した国内外のデータについても把握しています。そのため、患者さん一人ひとりのケースに合った眼内レンズのメリットとデメリットを説明することができ、医学的データに基づいた治療を行うことができます。

多焦点眼内レンズについて豊富な経験を持つ眼科では、これまで培った多焦点眼内レンズの豊富な経験と事例があり、多焦点眼内レンズを使用した国内外のデータについても把握しています。そのため、患者さん一人ひとりのケースに合った眼内レンズのメリットとデメリットを説明することができ、医学的データに基づいた治療を行うことができます。
多焦点眼内レンズについて豊富な経験を持つ医師であれば、専門的な立場から多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違いを説明することができます。多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違いについて説明を聞き、ご本人がその説明を聞いた上で、どちらの眼内レンズとするかを検討できます。多焦点眼内レンズの説明を聞いても、他の眼科で手術を受けることももちろん可能です。 ただし多焦点眼内レンズについて多数の使用経験のある眼科はそうたくさんはありません。

<多焦点眼内レンズの取り扱い施設例>

埼玉県さいたま市(大宮七里眼科)多焦点眼内レンズ症例数1,000例以上   http://www.cataract.co.jp/
横浜市戸塚区(戸塚駅前鈴木眼科)  http://www.totsuka-suzuki.com/

最先端の白内障治療多焦点眼内レンズとは