最先端の白内障治療 多焦点眼内レンズとは|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

最先端の白内障治療
多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズは、いままでにない画期的な眼内レンズです。
白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、そのかわりとなる人工の眼内レンズを移植します。
これまで使われたきた眼内レンズは焦点(ピント)が一カ所にしかないので、単焦点眼内レンズを呼ばれています。
しかし単焦点眼内レンズは、焦点が一定の距離のみにしかないため、日常生活においてなんらかのメガネを必要としました。
メガネがないとき、あるいはメガネの合っていない距離は見えないので、多大な不便さがつきまといました。
ところが近年になって「多焦点眼内レンズ」が開発されました。
多焦点眼内レンズは広い範囲の距離にピントが合っているので、メガネを使う頻度がほとんどなくなり、単焦点眼内レンズに比べてより豊かな生活を営むことができるようになりました。
結果的に多焦点眼内レンズを使用した白内障手術をお受けになった方のほとんどが、手術後にメガネなしの裸眼で過ごせる生活を手に入れることができます。
多焦点眼内レンズによる白内障手術を受けると、距離があわない範囲がない、つまり見にくさによるストレスや不便さのない快適な見え方による生活を手に入れることができます。
これは仕事、趣味の分野においても、充実した生活を送ることに結びつきます。
ここでは最先端でプレミアムな白内障治療である多焦点眼内レンズについて詳しくご紹介します。