単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

単焦点眼内レンズと
多焦点眼内レンズ

白内障手術ではまず濁った水晶体を取り除きます。それだけではピントのまったく合わない、
ピンぼけの状態になるので、そのかわりに人工の水晶体である眼内レンズを挿入します。
つまり眼内レンズは白内障手術によって取り除いた水晶体の代わりとなるものです。
ただし人間の目の水晶体は厚みを変化させてピントを合わせる機能がありますが、眼内レンズはそのように形を変えることはできません。
白内障手術の歴史の中で長いあいだ、一定の距離にしか合っていない「単焦点眼内レンズ」が使われてきました。
単焦点眼内レンズを使用した白内障手術のあとは、焦点の合っていない距離に合わせるためにメガネが必要でした。
しかし近年開発された「多焦点眼内レンズ」では、広い範囲の距離にピントが合っています。
したがって多焦点眼内レンズではメガネが必要となる場面がほとんどなくなりました。
多焦点眼内レンズでは、さまざまな場面で焦点の合いやすい視力となり、豊かな生活を営むことができます。
ここでは、従来からある「単焦点眼内レンズ」と、最先端の白内障治療である「多焦点眼内レンズ」の違いについて詳しくご紹介します。