白内障の治療方法について|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

白内障の
治療方法について

白内障によって一度濁ってしまった水晶体は、手術以外の治療法ではもとに戻すことはできません。一度濁った水晶体をもとにもどす点眼薬や内服薬はありません。

点眼薬はあくまでも進行を抑えてなるべく現状を維持することを目的としており、濁った水晶体を元にもどすことができませんし、進行を完全に止めることもできません。白内障の治療は外科手術である白内障手術を行うことが必要です。白内障手術は以前は手術のリスクが高かったために、なるべく手術は遅いタイミングで行うのがよいとされていました。

しかし現在では白内障手術は格段に進歩し、埼玉県さいたま市の眼科クリニックが2012年に日本で最初に開始したフェムトセカンドレーザー白内障手術のように最先端のテクノロジーを駆使することによって以前に比べて安全かつ精密に行うことが出来るようになりました。

白内障手術の進歩によって手術のタイミングは全世界的に次第に早くなっていっています。医師と相談して患者さんおひとりおひとりに合ったタイミングで、患者さんに最もメリットのある白内障手術方法を選択することが重要です。

白内障手術を躊躇しすぎて手術のタイミングをあまりに遅らせることは、白内障手術による合併症の確率が上がってしまうのでおすすめできません。

白内障手術の方法は、濁った水晶体をレーザーで粉砕して取り除き、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを移植します。

麻酔は点眼だけで行い、痛みはほどんどありません。全身に重い疾患を持っているなどの特別な事情がないかぎりは入院の必要もありません。

1.切開します 2.にごった水晶体を砕いて吸い出します。 3.眼内レンズを挿入します。

白内障の手術では、濁った水晶体を細かく砕いて吸い出します。その後、人工水晶体である眼内レンズを挿入します。

白内障について