最先端の白内障手術とは?|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

最先端の白内障手術とは?

現在、世界で最も先進的な白内障手術方法は、フェムトセカンドレーザー白内障手術を行い、多焦点眼内レンズを挿入する方法です。これらの方法を扱っている眼科クリニックは世界的にもそう多くはなく、日本にはほとんどありません。しかし中にはフェムトセカンドレーザー白内障手術を日本で最初に行い、さらに700症例以上ものレーザー白内障手術に成功し、1,000例以上の多焦点眼内レンズ使用白内障手術を行ったという眼科が埼玉県さいたま市見沼区にあるそうです。レーザーで白内障手術を行うなんてまだ先の先と思っていたら、さいたま市見沼区では結構たくさんの人がすでにレーザー白内障手術を受けているようです。
通常の保険診療での白内障手術はいまたくさんの病院で行われています。しかしもし最先端の白内障手術を受けようと思ったら、このような眼科を探していくしかないようです。

最先端白内障手術技術・レーザー白内障手術とは??
いまではたくさんの眼科医の先生が、白内障手術を行うことができます。なかには卓越した技術を持つ先生もいます。 しかしどんなに熟練した眼科医でも、1000分の1ミリ単位で切開を行うフェムトセカンドレーザー白内障手術にはかないません。フェムトセカンドレーザー白内障手術機器は、OCTという赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析できる機器を備えています。レーザー白内障手術は、OCTによって得られた眼球の立体的構造の情報をもとに、レーザーで繊細かつ正確に切開をすることができます。レーザー白内障手術ではこれまで医術者の経験や感覚に頼って行われていた白内障手術がより正確かつ高速に行え、人間の手による手術よりもさらに高い精度での手術が可能です。
大宮七里眼科:院内紹介ムービー

レーザー白内障手術では基本的にメスを使用しません。従来の人間の手による白内障手術はメスで角膜を切開していました。しかしレーザー白内障手術では、超高性能なフェムトセカンドレーザーが短時間かつ数ミクロンの誤差なく行うことで、白内障手術の安全性が高められることが期待されます。

白内障について