白内障の検査方法について|多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

白内障の
検査方法について

白内障手術の前には、白内障による眼の異常や状態を把握し、他の病気を発症していないかどうかを調べるために精密検査を行います。

基本的な視力検査、屈折検査、眼圧検査に加えて、以下の検査を組み合わせて最適な治療を行います。いずれも痛みを伴う検査ではありません。

眼の検査
問診や血圧検査
視力検査、屈折検査、眼圧検査
目の機能や状態を調べる検査です。
眼底検査
網膜の状態を調べます。
細隙灯顕微鏡検査
眼科医が眼球内の水晶体の濁りの状態やほかの目の疾患がないかなど検査します。
角膜内皮細胞検査
角膜の内皮細胞の減少がないかを確認します。
散瞳検査
散瞳剤(点眼)を使って眼球の内側の状態を調べます。とくに網膜に異常がないか、緑内障による視神経乳頭の変化がないかなどを診察します。
眼内レンズの検査
眼軸長検査
白内障の手術を行う場合、水晶体の代わりとなる人工の眼内レンズが必要となります。この検査では前もってその眼内レンズの度数を決定するために行います。
角膜頂点から網膜までの長さを眼軸長といいます。この眼軸は一人ひとり違うため、それぞれに合った眼内レンズの度数を計算する必要があります。眼内レンズの度数を正確に決定をするために、この眼軸長検査で角膜の屈折力や眼の長さを100分の1ミリ単位で計測します。白内障手術で挿入する眼内レンズは基本的にそのまま取り替えることはありませんので、度数決定は非常に重要な要素となります。場合によっては術前の状近視・遠視・乱視・老眼の状態や術後の生活や仕事などを考慮して決定することもあります。

人工の眼内レンズについて詳しくは「眼内レンズの種類」をご覧下さい。

白内障について