世界最先端レーザー白内障手術|レーザー白内障手術は、最先端の白内障手術です。大宮七里眼科

世界最先端レーザー白内障手術

埼玉県さいたま市の大宮七里眼科の山崎健一朗院長が日本で最初にレーザー白内障手術に成功し、すでに700件以上のレーザー白内障手術を行いました。
その大宮七里眼科でのレーザー白内障手術には、世界で最先端のレーザー白内障手術機器であるレンズエックス(LenSx)を採用しています。

世界最先端レーザーLenSx(レンズエックス)

最先端レーザー白内障手術機器・レンズエックス(LenSx)は光干渉断層計(OCT)という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えており、リアルタイムで眼の中を分析します。光干渉断層計による分析は非常に精度が高く、レーザー白内障手術では高速に最小限の誤差で目の組織の切開を行うことができます。

従来の白内障手術では術者の感覚によって行われている部分がありました。
あくまで人間の手と目による目測にたよって手術をするので、どうしてもある程度の誤差が生ずる可能性がありました。たとえば水晶体の表面に窓をつくるような切開を行う際には、結果的に直径が何ミリなのかも測定できません。しかしレーザー白内障手術では1000分の1ミリ単位の精度で切開をすることが可能です。また、従来の眼科医の手による手術では完全にまっすぐな直線や、きれいな真円に切ることはできませんでしたが、レーザー白内障手術ではきれいな直線や真円に限りなく近い形状の切開が可能です。レーザー白内障手術による切開は精度が高いばかりでなく、スピードも手による手術よりも短時間で行うことが可能です。

レーザー白内障手術ではメスを使用しません。(注1)
白内障手術の中で行われる水晶体前嚢切開、水晶体核破砕、角膜切開はとても難度の高い手技です。レーザー白内障手術ではそれらの難易度の高い手術行程を短時間かつ数ミクロンの誤差もなしに行うことができます。
レーザー白内障手術機器は光干渉断層計(OCT)という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えているため、リアルタイムで眼の中を分析し患者さん一人ひとりの眼にあわせた手術を行うことができます。
レーザー白内障手術機器は光干渉断層計および1000兆分の1秒単位で照射されるフェムトセカンドレーザーを完全に統合するように特別に設計された、次世代の白内障手術のための最新鋭手術機器です。

(注1)レーザー白内障手術でも症例によってはメスを使用する場合があります。