レーザー白内障手術のテクノロジーについて|レーザー白内障手術は、最先端の白内障手術です。大宮七里眼科

 

レーザー白内障手術の
テクノロジーについて

現代の医療技術は、科学テクノロジーによって毎年のように進歩を遂げています。
眼科手術におけるフェムトセカンドレーザー白内障手術の登場はその代表例であり、
フェムトセカンドレーザー白内障手術は白内障手術の歴史のなかで最も革新的な技術です。
レーザー白内障手術は、超短時間単位で発することができるフェムトセカンドレーザーを使って
1000分の1ミリ単位という極めて高い精度で正確に眼球を切開することができます。
日本国内で初めてレーザー白内障手術を行ったのは、埼玉県さいたま市の眼科クリニック山崎健一朗院長です。
アメリカで最初の症例が行われてからたった2年しか経っていない2012年のことでした。
フェムトセカンドレーザー白内障手術はメスを使わずに手術を行うことができます。
ここでは世界で最先端のフェムトセカンドレーザー白内障手術の特長や方法などの知りたいことを、わかりやすくご紹介します。