眼内レンズの種類|レーザー白内障手術は、最先端の白内障手術です。大宮七里眼科

眼内レンズの種類

白内障手術では濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工の眼内レンズを挿入します。
従来は単焦点眼内レンズという一定のピントしかない眼内レンズしか使用できなかったので、白内障手術には必ずなんらかのメガネが必要でした。
しかし現在は焦点を複数の距離にあわせることができる多焦点眼内レンズが開発されました。
多焦点眼内レンズは、従来の単焦点眼内レンズでは見にくかった距離の見え方が格段に見やすくなり、
白内障手術後の生活がたいへん便利になる眼内レンズですが、まだごく一部の眼科クリニックでしか採用されていません。

単焦点眼内レンズ
通常の多焦点レンズ/乱視矯正単焦点レンズ(トーリックレンズ)
保険診療の範囲の白内障手術で使用する、従来型の眼内レンズです。 このレンズの焦点は一定の距離にしかありません。遠くに焦点を合わせた場合には、メガネをかけない状態では手元が見えずらく、新聞や書類を読むときには老眼鏡のようなメガネが必要になります。下の写真は単焦点眼内レンズの見え方のイメージ画像です。遠くはよく見えていますが手元はかすんでいて、文字を読むことはできません。つまり単焦点眼内レンズは近くと中間距離には焦点が合っていないのではっきりと見えず、その距離にはメガネが必要となります。
※ピントを遠くに合わせた場合

※ピントを遠くに合わせた場合

見える範囲: 狭い 手元から遠くまでのある
1点のみよく見える
見える質 : 良い  
多焦点眼内レンズ
通常の多焦点レンズ/乱視矯正単焦点レンズ(トーリックレンズ)
多焦点眼内レンズは遠くにも近くにも焦点が合うように設計された遠近両用のレンズです。そのため遠方にも近方にも焦点が合うので眼鏡を必要としない生活を送ることができます。下の写真は多焦点眼内レンズの見え方のイメージです。遠くも手元もよく見えています。 多焦点眼内レンズは2007年に厚生労働省の承認を受け、2008年7月に先進医療として承認されました。埼玉県さいたま市の眼科クリニックは多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について、厚生労働省の先進医療施設の認定を受けた医療機関です。
※ピントを遠くに合わせた場合

見える範囲: 広い 手元から遠くまで見える
見える質 : おおむね
良い
ピントが少し甘い