白内障の治療|レーザー白内障手術は、最先端の白内障手術です。大宮七里眼科

白内障の治療

白内障を治す治療は白内障手術だけです。 白内障でいったん濁った水晶体をもういちどきれいな状態にもどす目薬や内服薬などはありません。
「インターネットで白内障を完治させる日本では認可されていない新しい点眼薬が海外で販売されているが、これは効きますか?」という質問をお受けしますが、進行した白内障を治す点眼薬や内服薬はありません。すでに濁ってしまった水晶体を薬で改善させることはできません。
白内障の進行予防の点眼薬が日本でもだいぶ以前から認可されていますが、これは白内障予防の点眼薬はまだ自覚症状のない初期の段階において、進行を抑えることを目的としています。「白内障予防の点眼薬をすれば手術はしないですみますか?」との質問をお受けしますが、白内障予防の点眼薬はあくまでごく初期の白内障の進行を遅くするだけであり、白内障の進行が完全に止まることはありません。
白内障予防点眼薬の効果は限界があり、白内障を治療できる薬は開発されていないのが現状です。

白内障で濁った水晶体をきれいにする治療は白内障手術だけですが、白内障手術では濁った水晶体をほぼ完全にきれいに取り除くことで白内障を完治させます。
手術では白内障で濁った水晶体を破砕して取り除き、その水晶体の代わりに人工水晶体である眼内レンズを挿入します。麻酔は点眼麻酔だけで行い、基本的に注射による麻酔は必要ありません。白内障手術で痛みを感じることはほとんどありません。
埼玉県さいたま市の眼科クリニックではすべての白内障手術を日帰りで行うことが可能です。入院の必要はありません。白内障の手術は通常一回で終わります。眼内レンズは劣化しませんので、再度手術をして眼内レンズを交換する必要はありません。

白内障手術はレーザー白内障手術に代表されるような高度な医療科学技術により、ここ数年でも格段の進歩をとげました。白内障手術は安全性、確実性が飛躍的に向上したので、白内障手術の適応は以前にくらべて大きく拡大しました。
とくに近視、遠視、老眼、乱視の強い場合には、より若い年齢で白内障手術を行うことによって、患者さんの生活の質が格段に向上し、仕事や日常生活による効率が大幅に改善します。
手術は白内障の進行により日常生活に大きな支障がみられる場合だけ行われるのではありません。白内障手術は特別な場合をのぞいて一度ですみますし、眼内レンズは劣化しませんので、世界の最先端白内障手術を行っている病院では、比較的若い年齢で白内障手術が行われるようになっています。


  • 切開します

    白内障手術では角膜、もしくは強膜という部分に専用のメスを使用して傷口を作成します。この傷口から濁った水晶体を取り除いたり、眼内レンズを挿入します。


  • にごった水晶体を
    砕いて吸い出します

    傷口から超音波入荷吸引機器を挿入し、濁った水晶体を細かく砕いて吸い出します。 固くなった水晶体を細かく砕くために超音波を使用します。超音波は眼内の組織にダメージを与えることがあります。しかしフェムトセカンドレーザー白内障手術では、超音波入荷吸引を行う前にフェムトセカンドレーザーで水晶体を砕いておくことが可能です。したがってレーザー白内障手術では、水晶体を砕くための超音波の使用量が通常の白内障手術に比べて少なくすむので、超音波による目の組織へのダメージを最小限にすることができます。


  • 眼内レンズを挿入します

    濁った水晶体をすべて取り除いた後に、人工水晶体である眼内レンズを挿入します。以前は眼内レンズはピントが一定の距離にしか合っていない単焦点眼内レンズしかありませんでした。現在では複数のな距離にピントが合っている多焦点眼内レンズがもあります。