白内障の症状|レーザー白内障手術は、最先端の白内障手術です。大宮七里眼科

白内障の症状

私たちの目は、水晶体を通過した光が網膜の上で結像することで眼に見える景色や物、文字などを認識しています。
白内障は眼の中の水晶体が濁ることにより視覚機能が低下してしまう病気ですが、初期の段階で症状を自覚できることはほとんどありません。そのため初期の段階の白内障は、自覚症状のない患者さんが眼科クリニックや健康診断での検査を受けてはじめて見つかる場合がほとんどです。逆に物や文字がかすんでみえる、まぶしいなどの白内障の自覚症状がはっきりしている場合には、すでに中等度以上に進行した白内障となっている場合もあります。

白内障の進行による症状には個人差があり、その自覚症状の内容はさまざまですが、一般的に多くの患者さんが最初に感じる白内障の自覚症状は意外にも視力の低下ではなく、目のまぶしさです。
患者さんから「白内障になると見え方が必ず白くなるのだから、そのような自覚症状が出てから白内障手術を受ければよいのではないですか」という質問をよくお受けしますが、これはやや事実と異なります。
白内障になると必ず見え方が白くなるわけではありません。また白内障によって視力が低下していても、視力低下の自覚症状がない場合があります。
たとえば片目だけ視力が落ちているのにもう片目の視力があまり低下していない場合、視力低下の自覚がない場合がほとんどです。
ほかにも視力が低下しているのに、「いつものように眼鏡が合わなくなっただけだからメガネ屋に行ってメガネを作り直せば解決するだろう」と考えてメガネ店に行ったところ、「メガネをかえても視力がでないから眼科にすぐ行ってください」といわれることもあります。安易にメガネをかえれば良いと考えずに、メガネがあわない感覚があったら眼科を受診しましょう。

白内障による自覚症状にはつぎのようなものがあります。

  • 見え方がかすむ
  • 遠く、または手元の視力が低下したように感じる
  • 物がにじんで見えることがある
  • 光をまぶしく感じる
  • 片目ずつ隠してみると、左右の目の見え方が違う
  • 老眼鏡をかけても文字が見にくい
  • いままでのメガネをかけても見にくい
  • メガネ店でメガネを変えてもらっても見にくい

上記の症状を感じられる場合には白内障が進行している可能性があります。
しかし誰もがこのような症状となるわけではありませんので、視力が低下している自覚がなければ大丈夫と考えるのは早計です。
視力の感じ方はまちまちで、白内障の発症の段階には個人差があり、全ての患者さんが視力低下したことを自覚するとは限りません。
たとえば近視、遠視、乱視が強い方の場合はもともとの視力が不良である場合があり、白内障が進行して視力低下しても、その自覚がない場合が多く見られます。
白内障が進行すれば最終的には視力が低下しますが、初期の段階では濁っている部分と正常に透明な部分とが混在しているため、見え方に異常を感じない場合があります。

白内障の見え方
正常な眼と比較して、進行した白内障の眼の場合はもやがかかって見えたり、明るいところで眩しいなどの症状があらわれることがあります。ただし軽度の白内障の場合にはこれほどにはなりません。したがって軽度の白内障の場合には自覚症状は感じません。
正常
正常
白内障
白内障
もやがかかって見える、明るいところで眩しい
などの症状が現れ、見えづらくなります。